MENU

大多数は知ったか?ボルダリングとは何かを完全解説しちゃいます!

ボルダリング

今、ボルダリングがブームとなっています。部屋の中で壁を懸命に登る姿が、テレビや雑誌でも幾度となく紹介され、気になっている人も多いことでしょう。

 

また、2020年の東京五輪の追加種目に、スポーツクライミングが選ばれたこともあり、これからさらに盛り上がることは確実です。しかしボルダリングとは具体的になにかと問われれば、フリークライミングとの違いを説明できる方は、少ないことでしょう。

 

そもそもフリークライミングとは、最低限の装備のみで、岩や壁によじ登ることです。その装備とは、ロープ、ハーネス、クライミングシューズ、チョークバッグなどを指します。ボルダリングはここからさらに、ロープとハーネスを廃し、足を保護するクライミングシューズと、滑り止めが入ったチョークバッグのみで、岩をよじ登ることをいいます。そのため、フリークライミングと比べて、やや低い岩や人工の壁などを登るのが一般的で、床にもきちんと柔らかいマットを敷きます。

 

この装備と、挑む対象の違いこそが、ボルダリングとフリークライミングを分けるものなのです。

 

ボルダリングのほうが、必要な装備が少なく、ロープなどの使い方を学ぶ必要もないため、誰でも気軽に始めることができます。とはいえ、いくらマットがあるとはいえ、無謀な動作は怪我に繋がりますので、きちんと指導を受けながら行うべきです。そうすれば安全に、かつ快適に、ボルダリングを満喫することができるのです。

初心者歓迎!ボルダリング施設の正しい選択ガイドブック

2020年の東京オリンピックの正式種目に選ばれたり、テレビ番組で取り上げられたりで、最近、人気が高まってきたクライミングですが、クライミングには大きく分けて二つの種目があります。

 

注目一つはロープを使ったロープクライミングです。こちらは落ちれば命に関わる高さの壁を自分で安全確保しながら登っていくので、初心者だけて始めることができません。もう一つは、安全な高さの壁をロープなしで登るボルダリングです。落下した時に備えてマットか敷いてあります。ボルダリングはその手軽さからボルダリング専用ジムが増えてきており、大都市でなくても駅から徒歩圏内の施設が多くあります。

 

これからボルダリングを始めるという方にとっては選びたい放題なのですが、逆に選び方に迷ってしまうということがあるでしょう。ボルダリング施設は安全性に大きな問題がない限り、どこのジムでも大差はありませんが、良いジムというのは、ジムの雰囲気がいいものです。

 

その調べ方は簡単です。まずはインターネットなどでジムを検索し、ホームページで料金やアクセスなどが自分に合っているかしらべます。多くのジムではホームページで事務連絡をし、仲間内での情報共有にブログを使っているのでブログをチェックし、雰囲気が自分に合っているかを見ます。一概には言えませんが、スタッフとお客の距離が近いジムほどブログの更新が多く、コメントもあるものです。

 

行ってみないとわからない部分は多々ありますが、事前に調べておけば、無駄に足を運ぶ可能性も減るでしょう。

手頃な料金で汗を流せ!ボルダリング価格調査

フリークライミングの練習用として発案されたボルダリング。現在は気軽な室内スポーツとして人気を集めています。一見体力だけで登っているように見えますが、意外なほどテクニックがものを言うスポーツ。男性だけではなく、女性のファンも多くいらっしゃいます。

 

すでに都内には多くのボルダリングジムがオープンし、それぞれ個性的な壁が設置され、スポーツジム以上に洗練された雰囲気でボルダリングを楽しめます。気になるのはその料金ですね。継続して運動するためには無理のない値段は欠かせない条件。まずは都内の人気ジムからチェックしていきましょう。秋葉原と荻窪にあるB-PUMP TOKYOでは初回登録料が1,944円、1日の使用料が1,944円となっており、月額会員は11,000円です。そして下北沢、高田馬場に構えるGRAVITYは落ち着いた空間で音響や映像にもこだわりあり。

 

初回登録料は1,500円で、利用料は1,600円、月額13,000円でフリーパスが購入できます。リーズナブルにボルダリングを楽しみたいなら渋谷、みやしたこうえんがオススメ。

 

屋外の壁で気持ちよく楽しめる。350円で2時間利用と大変お得な料金設定。初めて使用する際には講習会を受ける必要があるので注意しておきましょう。基本的に都内のボルダリングジムは登録に2,000円前後、一回の利用で2,000円前後が相場ですね。アクセスのいいジムが多いのでスキマ時間に壁を登っちゃいましょう。

 

▼資金繰りで大変ならここがおすすめ
プロミスなら即日融資も可能※時間がない方のためのキャッシング
http://www.edu-bell.com/